リックレポート
役立つこと、面白いこと、使ってみたいモノなど、LICの社員がカラダを張ってレポートします。

インテリアコーディネーター リック社員受験合格レポート

メーカー名 : リック(株)
商品名 : インテリアコーディネーター リック社員受験合格レポート

参考になった (4)

 
※iPhoneやiPadなどのタブレット端末によっては画像やBooklet Collection<電子カタログ>
 に不具合が生じるおそれがあります。ご了承下さい。画像は先方の了解の上、撮影・公開させて
 いただいています。




インテリアの総合商社の当社ですので、インテリアにまつわる多くの有資格者が在籍しています。
そして昨年、当社からも、新たな「インテリアコーディネーター」資格取得者が誕生しました。








資格取得は、
私がインテリア業界で生きていく事への
自己確認。


リテイル第三営業所 柳沢


事務局:
 「インテリアコーディネーター」資格取得、おめでとうございます。

柳沢:
 ありがとうございます。

事務局:
 出題範囲も広く、困難な「インテリアコーディネーター」資格に
 なぜチャレンジしようと思ったのですか?

柳沢:
 カッコよく言えば「インテリアの事をもっと知りたい!」という知的探求、自己研鑽のためです。
 しかし、最初はインテリアの仕事をしている=インテリアの資格を持っててかっこいい=モテる?!
 という、ゲスい・・・いや、形から入るような、気持ちが強かったような・・・

事務局:
 ゲスい気持ちで挑戦しても、努力して勉強した事に間違いはありません。

柳沢:
 そうなんです。
 最初はゲスでも、努力して資格を取得した事により、
 改めてインテリア業界で生きていく事に対しての自己確認になりました。

事務局:
 勉強道具もいい感じで揃えていますね。
 ステッドラーにファーバーカステル・・・※下写真参照

柳沢:
 まず、形から入ってモチベーションを上げていくためです。
 消しゴムのカス用のホウキなんて、試験会場への持ち込みはできませんし、
 普段はゲスく手ではたきますし。

事務局:
 学習時間は?

柳沢:
 10月に行われる学科試験(1次)は4月頃から、毎日3時間程勉強しました。
 12月に行われる実技試験(2次)は、毎日4時間程勉強しました。
 ゲスくない勉強量です。

事務局:
 どのような勉強法でしたか?

柳沢:
 出題範囲も広く、覚える事の多い資格だと思います。
 そのため、1次試験の学科は「テキスト熟読〜過去問〜間違えた所のテキスト熟読」を
 ひたすら反復しました。
 2次試験は苦手な実技です。
 しかし、製図やパースなどを、何十枚も描いて勉強する内に短時間で描けるようになりました。
 その頃には、資格取得をチャレンジした、ゲスなきっかけは吹き飛んでいましたね。

事務局:
 資格を取得した感想は?

柳沢:
 インテリアコーディネーター資格は内装資材、家具、照明、カーテン、住宅設備など幅広い知識が学べます。
 私たちの仕事に生かすにはピッタリな学びの場だと感じました。
 今回得た知識は、お客様へのご提案などとしてビジネスで還元するのはもちろんのこと、
 「インテリア業界は専門的なプロの知識が必要な業種」として業界全体の活性化に
 繋げていきたいと思います。


学習に使用したテキストと、こだわりの製図道具。
形から入ることは決してゲスいことではない。


★インテリアコーディネーター資格試験 情報はコチラ>>

★当社には、窓装飾プランナー資格取得者も多く居ます。
ぜひ、下記リンクもご確認下さい!

窓装飾プランナー 当社名古屋営業所の合格者をご紹介

窓装飾プランナー 当社リテイル第三営業所の合格者をご紹介

窓装飾プランナー 当社北大阪営業所の合格者をご紹介



◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆


 ◆お見積りや資料・カタログ請求等のお問合せは弊社担当営業までご連絡く
   ださい。まだお取引のないお客様はこちらからお問い合わせください。

 ◆新規お取り引きをご希望のお客様は、こちらからお問い合わせください。

 ◆この他にも、リックでは様々なメーカーの商品を取り扱っています。
   詳しくはこちらをご確認下さい。




  リック株式会社について

  当社は、東リをはじめとする700社に及ぶ仕入先様からお客様のニーズにあった商品をご提案いたして
  おります。内装仕上材はもとより建材や住宅設備製品、エクステリアなど、インテリアと住設・建材の総合
  商社として全国の営業拠点から、快適で安全な生活空間と環境づくりをサポートします。

参考になった (4)

前の記事へ
「ICI欧州トレンドセミナー 2019」受講レポート
次の記事へ
「クレスvol.20 新製品展示発表会」レポート
営業カレンダー